レモンと子レモンの日常

0歳娘と33歳母の日記。

初回の予防接種をふりかえる(副反応)

こんばんは。
昨日は更新が途切れてしまいました。
まいにち更新が目標だったのに、さっそくやってしまった。

気をとり直して更新します。

立派なぶどうをもらったよ。パパとママでいただきます。

育児がはじまって、いちばん怖いのは娘の健康問題です。
明日はとてもとても嫌なイベントがあります。

それは…

2回目の予防接種!

なぜこんなに恐れているかというと、先月、初回の予防接種で発熱したから。
それも38.8℃と高熱でした。

熱を出したのも初めてだし、夜中だし、ぐったりしているし、プチパニックでした。

一気に3本注射+飲むワクチン。大人でも辛いわ。

 

病院で副反応について聞いた際は「激しく嘔吐したり、血便がでたり、明らかにおかしければ連絡してください。」と言われていました。

そこまでの異常ではないものの、39℃近い発熱。
すぐに病院へかかるべきか、様子を見るべきか判断がつかず。

#8000へ電話相談をしました。
↑びっくりするくらいつながらない。30分以上はかかった。

運の悪いことにちょうどその時期(7月末)、コロナが大流行かつ小児科がパンク状態。ニュースで状況はなんとなく知っていたものの、すぐに医療へアクセスできない恐怖を感じました。

#8000、ようやく順番がまわってきたのでまずは状況を伝えました。
(月齢、性別、今日初回の予防接種を打ったこと、注射の種類、接種12時間後に発熱、38.8℃、など)

そうすると開口一番、「生後2ヶ月での発熱は、即救急車です。と。

もうパニックです。
え? え? 今から救急車? そんなにまずい状況なの? と。

そのあと不安が増幅する言葉。
「ただ、今は救急車がつかまらない状況なので自宅で様子をみてください。」

え? 本来ならば救急車に乗る状況なのに、家でみてね。ということ?

楽しそうに絵本をみてくれる。

結局、自宅で様子をみて、朝になったら注射を打った病院へ連絡してくださいということでした。
(具体的な対応策なし。どうしていいかわからず、娘になにもないことを祈りながら抱っこして朝を待つ。)

朝になり体温は38.5℃前後をうろうろ。
上がることはなかったのでとりあえずはよかった。

病院の診察時間になったので、電話をしました。
すると、いったんは自宅で様子をみるようにとのこと。

・明らかにぐったりしてミルクも飲まなければ、すぐに連絡
・発熱後、24時間でだいたいは落ち着く

ぐったりしているように見えるけどミルクは少しずつ飲む。
いつもよりダルそうだけど明らかな異常はない。

これが素人のわたしから見た状態。
どのレベルが連絡していいレベルなのか、判断がとても難しく感じました。

運のいいことに、昼ごろから母が自宅に遊びにきてくれたので、一緒に娘を見守ることができました(ひとりだったら100%参ってた)。

接種翌日の夕方になっても38.0℃
少しずつは落ち着いてきているけれど、依然として高熱。

5分に一度は体温を測り、できるだけミルクを飲ませ、ずっと抱っこ。
夜になり、ようやく平熱の36.7℃前後に落ち着きました。
(最初の発熱から平熱に戻るまで20時間くらいでした)。

ということで結論、病院へはいかずに終わりました

初めての熱で苦しそうな娘でしたが、元気になってくれて本当によかった。
予防接種に副反応の可能性があることは事前に読んだ冊子で知っていたけれど、2ヶ月での発熱は危険だとか、発熱した場合の対処法とか、知らないことが多くてとても怖く感じました。

明日の予防接種ではこの辺りについて質問しようと思っています。

1回目のロタ+注射3本にプラスして、2回目はロタ+注射4本。
身体にかかる負担も大きくなると思うので、心配ですががんばってほしいです。

はあ。見守ることしかできないもどかしさよ…。
私の身体を通して娘に免疫ができればいいのに。

この一ヶ月、この日のことを思い出すと怖い気持ちになり、つぎの予防接種日がくることを恐れていました。

でもついに来てしまった。泣
副反応が出ない、もしくはひどくならないことをひたすら願って、明日の注射がんばってきます。

それではまた!